こんにちは^^
小林梨南です♪

昨年度はとーってもいい年だったのですが、一つだけ我慢ならなかったことが…
小林自身のデブ化です。

今年の目標は、体脂肪率20%の脱げるカラダです!!

ということでダイエットを本日より行います。

どうせやるなら薬学的視点から、話題のダイエット法が安全なのかどうかを評価しつつ、自身が実践して効果をお伝えしていきたいと思います。

第一弾は8時間ダイエットです°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°
まずは2週間、チャレンジしてみます!

スポンサーリンク




8時間ダイエットとは?

アメリカのDavid Zinczenko氏とPeter Moore氏が著書『8時間ダイエット』で提唱したダイエット法です。
1日24時間のうち8時間の間に食事を行い、残りの16時間は食べてはいけないというルールがあります。

日本でもテレビで紹介され、ダイエットにつきものな食事制限がゆるいことから手軽だと話題になりました。

やり方については、日本語のサイトでも様々なところで少しずつ異なった方法が紹介されており、小林自身もどれが本物の情報なのかわからなかったので、元の著書をチェックしてきました♪

コチラがその書籍です☆

【The 8 Hour Diet: Watch the Pounds Disappear Without Watching What You Eat!】 1609615905

いくつかのルールがありましたので、重要だと感じたものをご紹介します。

食事は8時間以内に行う

1番重要なルールです。
1日の食事を自身で決定した8時間の間に済ませ、残りの16時間は食事をとってはいけません。

16時間の絶食時間を作ることで、消化に使っていたエネルギーを体を修復したり、休めたりすることに充てられるようになるそうです。

食事のできる8時間を1日のうちのどこに設定するかは、実践する人の自由で、その日ごとに変えてしまっても大丈夫です。

1週間のうち、最低3日は8時間ダイエットを実践し、だんだん毎日できるように変えていくことが奨められています。

特別な食事制限はなし

特に禁止されている食べ物はなく、8時間の間であれば好きなものを食べたいタイミングで食べることができます。

お菓子やジュースもOKだそうです。

補足で…

8時間ダイエットでは、起きてすぐに食事をとらず、朝食の時間を遅らせることが考えられます。

この場合、起床時には水やお茶、コーヒーなどを飲み、軽いエクササイズを行うと効果が出やすいそうです。

8時間ダイエットの効果は?2週間で2㎏は可能か?

David Zinczenko氏は、8時間ダイエットを実践し、約3kgの減量に成功したそうです。
日本のサイトでも2週間で2㎏痩せた!!などの口コミがあふれています。

まず、巷にあふれている8時間ダイエットの謳う効果が、根拠のあるものなのかについて検討します。

食事の回数が減り、摂取カロリーが少なくなる

食事をとっていい時間を8時間以内に制限することで、食事の回数が3回から2回に減ると思われます。

1回の食事での一般的な摂取カロリーは600~700kcal程度であり、この分のカロリーを取らずに済みます。
1㎏の脂肪を減らすためには7000kcalが必要ですから、1日2回の食事を続ければ約10日で1㎏分を減らせる計算になります。

また、ダイエットを志す!ということで食事や運動にも、いつも以上に気を配るようになるでしょうから、2週間で2㎏は可能な数字であると考えます。

8時間ダイエットは危険?糖尿病リスクとの関連

8時間ダイエットでは、毎日16時間の絶食時間があります。
このことから最初に懸念されたのが、糖尿病リスクの上昇です。

朝食を食べない人と食べる人では、糖尿病になるリスクが食べない人の方が高くなるというデータがあります。

これは、絶食時間が長くなることで、血糖値が急激に上がりやすくなってしまうことが関連しています。

8時間ダイエットでも絶食時間が長くなるため、朝食を抜いた場合と同じ現象が体に起こると考えられます。

糖尿病リスクを下げるためにはどうしたらよいか?

絶食時間を長くすることで、血糖値が上がりやすくなるのは避けられません。

1日の最初の食事で摂るものを工夫して血糖値の変動をゆるやかにすることが大事になると思います。

食べる順番を工夫する

白米やパン、スイーツなどの血糖値を上げやすいものを食べる順番を後にします。
野菜を最初に、次に肉や魚、そのあとに炭水化物とすることで血糖値の上昇を緩やかにすることができます。

野菜の中でも根菜やイモ類は血糖値を上げやすいので注意が必要です。
葉物のものから先に食べるようにしましょう。

低GI食品を取り入れる

血糖値の上昇が緩やかであるもの、いわゆる低GI食品を取り入れます。
同じ炭水化物でも、玄米やブランパン、春雨などは血糖値を上げにくい食べ物です。

最近は空前の糖質制限ブームですので、コンビニやスーパーでも多く取り扱っています。
上手に取り入れてみましょう。

本日より8時間ダイエットを実践します!

今回は8時間ダイエットの効果と危険性について検討してみました^^
本日より実践し、後日結果をご報告しますので、ぜひ期待してお待ちください♪

The following two tabs change content below.
rina

rina

都内薬局に勤務する現役薬剤師。 勉強会や患者さんとの会話を学びの種にしてブログを運営。 ここ1年間で12㎏増えた体重をもとに戻すべく、ダイエット中。糖尿病に対する専門知識を生かし、健康に美しく痩せる方法を模索中。